忍者ブログ

創価学会・創価学会員の組織犯罪

創価学会の財務(寄付)。創価学会・創価学会員(大川得喜子、板谷幸志、野呂吉人)は、人の不幸に付け込んで、入院中の重度障害者(斉藤広宣、創価学会員)から1,500万円を奪った。完全犯罪。 創価学会・創価学会員の犯罪・悪事の特徴は、組織で、多人数で、卑怯な手口で行う。

私が受けた創価学会の組織犯罪①

創価学会・創価学会員の、重度障害者(車椅子の体)が入院中(退院できない状況)に、重度障害者の金を奪う組織犯罪の手口。完全犯罪。実話。

 斉藤広宣(さいとうひろのり)=重度障害者(車椅子の体)
  現住所:三重県四日市市別名3-6-10
  前住所:三重県四日市市別名6-2-11


 私は創価学会に寄付(財務)をしたことは一度もなかった。活動はしていなかった。

 大川得喜子(私の妹)は、兄に内緒で証拠(財務の受領証、振込金受取書)を所有していた。
        ⇓
 大川得喜子は、証拠をいつでも隠滅できる。

 大川貴英、貴英の母親、貴英の伯父又は叔父(自称)は、大川得喜子をかくまっている。

 被害者(斉藤広宣)が騒いだので、創価学会は、10年以上たってから(刑事事件として時効後に)1500万円を小切手で返還。

  返還場所=第三銀行中央通支店(四日市市栄町1-1)
  被害者側:斉藤広宣、橋本達彦弁護士
  創価学会側:荒井孝(副会長)、杉山茂雄(局次長)

 被害者が創価学会側の求めに応じて、振込金受取書を渡し、覚書(誹謗中傷するな)に署名させられる。



 突然、3人(A、B、C)は、私(斉藤広宣)が入院中(平成4年5月8日~平成5年1月4日)の中部労災病院(名古屋市港区港明1-10-6)を訪問。
 Aは「家族の宿命転換」と言って執拗に1500万円の寄付(創価学会では財務という)を強要。
         ⇓
        話し合い
(主な内容)Aの一方的で執拗な寄付の強要
         ⇓
        物別れ
         ⇓
 Aは、家にある兄の通帳と印鑑を勝手に使用し、1500万円を創価学会に寄付。兄(斉藤広宣)の氏名で百五銀行阿倉川支店から振り込み。なお、Aが独身の時に(女子部時代)。

  A=大川得喜子(おおかわときこ
     旧姓 斉藤、創価学会員、1964年生まれ、下野小、朝明中、朝明高卒業
      夫=貴英(たかひで)、創価学会員
      貴英の実家=創価学会員、大川工業所 tel:059-331-7216 四日市市三ツ谷東町10-5
      娘=未来(みき)、あおい幼稚園(四日市市大矢知2700)卒園
 大川得喜子、貴英、未来の現住所不明

  tel:059-333-9782(大川貴英)
  tel:059-331-7719(大川貴英)
  tel:090-8676-0953(大川得喜子 携帯)


  B=板谷幸志、創価学会員、板谷コーポレーション㈲、
     (現住所)四日市市富士町5-13
     (前住所)四日市市羽津町14-13

  C=野呂吉人、創価学会員、野呂建材工業所
          四日市市大鐘町783

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
斉藤 広宣
性別:
男性

P R