忍者ブログ

創価学会・創価学会員の組織犯罪

創価学会の財務(寄付)。創価学会・創価学会員(大川得喜子、板谷幸志、野呂吉人)は、人の不幸に付け込んで、入院中の重度障害者(斉藤広宣、創価学会員)から1,500万円を奪った。完全犯罪。 創価学会・創価学会員の犯罪・悪事の特徴は、組織で、多人数で、卑怯な手口で行う。

創価学会・創価学会員(大川得喜子、板谷幸志、野呂吉人)は、奪う金額を決めて、だれにも知られないようにして、私(斉藤広宣)から1,500万円を奪った。

・創価学会・創価学会員(大川得喜子、板谷幸志、野呂吉人)は、奪う金額を決めて、だれにも知られないようにして、私(斉藤広宣)から1,500万円を奪った。

・中部労災病院に入院中の斉藤広宣―創価学会員、重度障害者=車いすの体、住居の問題→退院できない状況、私はフコク生命から私に保険金が支払われた(死亡扱い→生命保険には、入れない)ことを、斉藤得喜子(現 大川得喜子)から聞いていない。
 私の母親である斉藤なかゑは、中部労災病院を訪問しなかった。
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
斉藤 広宣
性別:
男性

P R