忍者ブログ

創価学会・創価学会員の組織犯罪

創価学会の財務(寄付)。創価学会・創価学会員(大川得喜子、板谷幸志、野呂吉人)は、人の不幸に付け込んで、入院中の重度障害者(斉藤広宣、創価学会員)から1,500万円を奪った。完全犯罪。 創価学会・創価学会員の犯罪・悪事の特徴は、組織で、多人数で、卑怯な手口で行う。

創価学会・創価学会員の組織犯罪である電話盗聴(宮本顕治氏宅電話盗聴事件)

創価学会・創価学会員の組織犯罪である電話盗聴(宮本顕治氏宅電話盗聴事件)
当時、創価学会副会長で公明党参議院議員の北条浩・創価学会顧問弁護士の山崎正友氏・創価学会学生部主任部長の〇野〇夫・創価学会学生部幹部の〇岡〇治が犯行
朝日新聞(朝刊)1988年12月28日 23面


読売新聞(東京本社発行、朝刊)1988年12月28日 22面
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
斉藤 広宣
性別:
男性

P R